#晴天の日に巡る場所

a journey note

浜の湯ストーリー

Vol.06

STORY-01

#今日は晴れ だと、

#差し込む日差し で分かった。

思っていた以上に

#気持ちいい青空 が広がっている。

自然と足が #前へ前へ と

#軽快に 動く。

STORY-02

数値にすればきっと

自分でも #感心する くらい

歩いている。

#気持ちいい青空 を仰ぎながら

#訪れたい場所 にどんどん行ってみる。

STORY-03

あれも、これも、 #食べ始めたらきりがない 。

しかし、食べながら思う。

食べることは #人間の根本的な欲求 だ!

だから #あれもこれも

#気持ちいい青空 のもと、 #食べる 。

STORY-04

#空気が変わる 。少しひんやりし始め、

#神聖な空気感 が漂っている。

#気持ちいい青空 を忘れさせるほど、

ここだけは違う #神秘的な 、

#湿度 と #温度 がある。

STORY-05

こんなにも景色と歴史に馴染む

#現代建築 があるのだと、 #感心する 。

中に入っても #閉じ籠る感覚 はなく、

逆に #心は外に向かう 。

#気持ちいい青空 が

ここでも出迎えてくれる。

STORY-06

#温泉 に浸かり、館内を歩きながら

#今日訪れた場所 を想う。

#気持ちいい青空 は、平等にあった。

それを #満喫 できたことを嬉しく思う。

#旅 は #天気 と

ものすごく #リンク している。