新着情報

信州ナニコレ!?第3弾・本物の『巨大古墳に登ってみました』【森将軍塚古墳】*浜の湯公式ブログ

2017.07.28

無料カウンター

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇━

~ナニコレ!?実物大の古墳!森将軍塚古墳!~

━◇◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

皆様、歴史の教科書でお馴染みの『古墳』をご覧になったことあると思います。以前のブログで私は森将軍古墳館という『実物大の古墳』を室内に展示している面白い博物館をご紹介させて頂きました。↓   ↓   ↓   ↓

こんな所に【古墳】が!?【千曲市森将軍塚古墳館】

DSC03430

『森将軍塚古墳の展示』(屋内に原寸大の古墳が再現!!)

今回ご紹介しますのは『本物の古墳』です!その名は『森将軍塚古墳』(復元モデル)です!(もりしょうぐんつかこふん)

 

復元モデルと言いましても、何分の一かに縮小したものではありません。なんと実物大があるそうなのです!小高い山の頂上にあるのですが、下からでもその姿が小さく見えます。

DSC07461

 【下界からから眺めた森将軍塚古墳】(赤い枠で囲ってみました)

 

麓(ふもと)の森将軍塚古墳館の駐車場から撮影しています。パッと見「なかなか距離がありそう」です ( ̄_ ̄ i)今回も歩くことになりそうです。。。

 

7月下旬のお昼頃と言うことで、気温も湿度も高めです。曇りの予報がはずれて日差しも強くなって来ました。しかし目標は達成しなくてはいけません!さっそく登って行きましょう! (。・ω・。)ノ

 

 

«☆まずは地図をチェック☆無駄のないコースを模索します☆»

scan0004

 ↑【現場にある古墳までの地図】↑(クリックで拡大出来ます)↑
無駄のないコースと言っても、一本道しかありませんでした。現味地の『科野のムラ』(しなののむら)からウネウネと続く山道をひたすら歩きます!

 

なるほど、幾つものS字カーブを登り続けた先に古墳は存在しているようです。一直線には登れません。古墳館から送迎バスも出ているのですが。目測で1キロほどの距離なので今回は徒歩で目指したいと思います。

 

 

屋外に展示されている竪穴式住居(科野のムラ)を左に見ながら坂を登って参ります。1月ほど前に『白駒池・高見石』へ登山に挑戦していますので、コンクリートの道を1km登るくらい訳ないはずです。

 

 

 

 

  ↓登山に苦労した経験はこちらのブログです↓
登山は意外と大変!神秘の原生林と絶景!【白駒池】&【高見石】へ行ってきました!
KK・白駒池・原生林DSC06950

↑『旬の観光スポットです!』↑まるで『もののけ姫』の世界!↑美しき苔の原生林!

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━◇◇━

~~入り口は緑の森に包まれる階段~~

━◇◇━━━━━━━━━━━━━━━

入り口は『森将軍塚古墳館』と『長野県立歴史館』の間にある【科野のムラ】の脇道です。きちんと木製の階段が配置されています。この階段を100メートルほど登るとコンクリートロードに合流します。この道はバス専用ですので、マイカーは走ることが出来ないので注意です。

DSC07464

この階段を登りきると道路に出ます。

DSC07508

【コンクリートの道路を歩いて登ることも可能】距離は伸びますが断然歩きやすいです。

DSC07495

【道の脇の所々に看板が表れます】(拡大してみます)
↓     ↓     ↓     ↓     ↓

DSC07497

 

(・∀・)!所々に古墳へ直線で向かえるように【近道】が設けられているようです。S字カーブをショートカットできるルートです。緩やかに歩いていきたい方はバスの道路を歩いたほうが良さそうですが、『せっかちな方は迷わず近道を通りましょう!

 

近道は2箇所にありまして、時間短縮に一役買ってくれそうでうす。しかし【体力の消耗を節約】できるかは不明です。。。

 

『近道(急な階段)』としっかり書いてありますね。。。近道を使うか使わないかアナタ次第です!(ご自身の体力とご相談下さい)今回は夏という事で、真夏の加熱されたコンクリートロードを長く歩くのは暑くて参ってしまいますので、急な階段でも致し方がありません。

 

 

もちろんワタクシは近道を選択しました!(∩・∀・)∩

白駒池・高見石では近道を選択したために大変苦労しましたがまったく懲りていません☆

 

scan0005

↑【緑色の矢印が近道】直線的に古墳を目指せます!↑

DSC07486

急な階段ではありますが、しっかり階段がありますので安心です♫

 

 

と、ここで注意点が一つあります。

 

 

下の【看板】をご覧下さい。

↓     ↓     ↓     ↓     ↓

DSC07470

きけん! マムシ 出没 』  Σ(・ω・;||| 

 

え!?居るのですか!?あの強力な毒を持つ『ヘビの代表格!』

 

『マムシ』が!!

 

恐怖の始まりは認識から』と誰かが言っていましたが、まさにその通り。マムシがいるとわかった途端、安心して歩いてきた道路が急に危ない印象に変わりました。あまり道路の脇に近寄らないほうが良いのかもしれませんね!

 

 

※ヘビが「お嫌いな方」はご注意下さい。

※ヘビが「お好きな方」もご注意下さい。

 

DSC07471

マムシの出現に怯えつつ『灼熱のコンクリートロード』と『セミの声が盛大に響き渡る【森林の階段】』を登ること15分位。。。

遥か遠くに見えていた古墳が近づいてくるのが木々の間から見えてきます。もう一息のようですε-(o´ω`o)

 

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇━

~~ポツンと見えていた古墳が意外に大きい!!~~

━◇◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

DSC07506

 

『下界から小さく見えていた古墳』が実はかなり巨大なものであることに気が付きました。なかなかの規模の古墳のようですよ!これは期待できそうです!

ゴール地点が見えると俄然テンションが上がるのが人間の性というものです。頑張って登りきりましょう!あと残すところ50メートルと言ったところです!

 

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇━

~~森将軍塚古墳をご覧頂きましょう!~~

━◇◇━━━━━━━━━━━━━━━━━

さあ、辿り着きました(;´▽`A“ と思い古墳に視線を移すと・・・・・・・・・・

DSC07519

   ド~ン!!  Σ(・ω・ノ)ノ! 巨大!!

DSC07513

   ド・ド~ン!!  (  ゚ ▽ ゚ ;  ) 巨大・・・・・圧巻・・・

DSC07523

◆上の写真の「左側」に我が相棒が立っております(古墳の大きさと比べて下さい)◆

人間サイズと比較すると『古墳の巨大さ』がお分かり頂けると思います。まさかこれ程とは予想外です。そしてこの完成度!当時の姿が完璧に復元されているのです!綺麗な形に整えられ、表面は平石で精密に覆い仕上げられています!

 

 

◆テンションが上り過ぎです。深呼吸して落ち着きます(*´Д`)=зハ~

 

 

落ち着いて周囲を確認してみると『古墳の周りを一周できる通路』が設けられているみたいです。全体を『ぐるりと365℃』見ていきましょう。

 

目の前にそびえ立つ古墳・・・・・・う~ん巨大・・・

DSC07538

【目の前に立ちはだかる古墳の壁】

 

資料によりますと【森将軍塚古墳の全長は100メートル】あるそうです。高さはおよそ7~8メートルといった所でしょうか? 壁を目の前にすると相当な存在感があります。

DSC07552

DSC07527

【眼下に下界の風景が見えてきます】

DSC07539

 

これは素晴らしい絶景!ヽ(´∀`。)ノ

【長野県千曲市の町並み】と【緑豊かな田園風景】が眼下に壮大に広がります!☆素晴らしいまさに絶景☆こんな見晴らしの良い山の上に古墳を作るとは良い発想ですね☆

 

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
~この場所に古墳を作った【面白い理由】と【特徴】があります~
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

単純に【眺めの良い場所だから】山の頂上に作られた訳ではありません。実は古墳を作成する為の効率化の工夫があるんです。

 

その理由の説明が麓の博物館で勉強してきました。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『古墳は盛り上がった小山のような形状』です。1から古墳を作るには『膨大な量の土を盛り上げる』必要があります。これは大変な労力!そこで考えられたのが『山の頂上(尾根)の形を利用して古墳を削り出す方法です。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大きな大理石から『彫刻作品・彫像を掘り出す』イメージ

なるほど!これは効率が良さそうですね!φ(・ω・ )
まさにコロンブスの卵!ブレイクスルーです!

森将軍塚古墳の作成の様子
『博物館にある古墳作成の様子模型』

山の頂上(尾根)を上手に利用しているのが分かります。これは効率が良さそうです。

 

でもこの古墳、ちょっと形が左右対称ではないですよね? 実は、森将軍塚古墳は少し『くの字』に曲がっている特徴があります。それは山の頂上(尾根)が曲がっていたからなんです。尾根の地形を『そのまま使った為』曲がっているのです。

 

 

どのくらい曲がっているのか現地の本物を見てみましょう。

上空から見た森将軍塚古墳GoogleMap

【右側に曲がっているのが分かります】googlemap

基本的な形は【前方後円墳】(鍵穴の形状)ですが、やっぱり右に傾いています。巨大過ぎて現地では分かりづらいですが、上空から見ると良く分かりますね(・ω・ )

前方後円墳 前方後円墳の理想的な形

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇━

~~では古墳に登ってみましょう!~~

━◇◇━━━━━━━━━━━━━━━━

DSC07571

【最初に見た階段の真逆にも階段があります】なかなかの高低差

DSC07578

【古墳の周囲には等間隔で「埴輪(はにわ)」が並べられます】

DSC07576

【階段を登ります】

DSC07586

【この階段の先が古墳の上です。どんな景色が待っているのでしょうか?】 

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇━

~~古墳の上は平らなフラットな仕上がり~~

━◇◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━

DSC07588

【森将軍塚古墳の上部】パノラマ撮影

こちらが森将軍塚古墳の上部の写真です。パノラマ撮影でも入り切らない広さ!偉い方一人のためにこの大きさのお墓とはよほどの権力を持った方だったのでしょうね~

 

 

右端に階段が見えますでしょうか?古墳には頭に相当する部分があり、一段高くなっています。御遺体が埋められる場所は階段の先に設置されています。王様が埋められている場所を【石室】(せきしつ)と呼びます。石室の部分を見に登ってみましょう。

DSC03457【石室の参考写真】森将軍古墳館にて

 

DSC07596

【王様の石室のある古墳の先端部分】

あれ?案内看板以外に何も無いです( ・д・)?・・・・・こちらも完全なフラット

でも近づいて見ると地面に何か置いてあります

さらに近寄ってみますと。。。。

↓     ↓     ↓

DSC07605石室の場所(印入り)

ありました!石室の場所が!(赤い線で囲ってみました)

安全上の配慮でしょうか?大穴は空いていません。ガイドの方にお聞きすると、近くの小学生が勉強のためにいらっしゃるそうです。大穴が空いていたら危ないですからね。しかしお子様方も大喜びでしょうね~こんな立派な古墳に登れるなんて!

DSC07616

【石室の説明看板】(↑クリックで拡大できます↑)

 

 

━━━━━━━━━━━━━━以下説明文━━━━━━━━━━━━━━■□■

“一段と高い後円部には、長大な竪穴式石室が設けられ、森将軍塚古墳の主が埋葬されていました。石室は特に大型で、その床面積は日本最大と推測されています。副葬品には、鏡や剣・刀・勾玉・菅玉などがみつかっています。三角縁神獣鏡は、大和王権と特に関係が深かった有力者に限って、持っていたといわれています。主はどんな人物だったのでしょう。”引用終了

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【竪穴式石室の大きさ】
●縦7.6メートル ●横2メートル ●深さ3.4メートル
——————————————————————————

DSC07598

【古墳の頂上からの眺め】

DSC07625

【古墳の後方部分】↑(写真中央に見えるのが登ってきた階段)↑

DSC07631

【古墳の周囲を飾る埴輪】こんがりキツネ色

古墳の周りには整然と【埴輪(はにわ)】が並べられています。以外にシンプルな造形物の数々も森将軍塚古墳の醍醐味の一つです。家の庭にでも一つ置いておきたい気分になります(^∇^) 時の中に【明かり】を灯したら良い雰囲気が出そうです。

 

 

『本物の埴輪』は出発地点にあります【森将軍塚古墳館】に展示されております。実物大の古墳を見た後に訪れると展示物の貴重さと太古の歴史に思いを馳せられると思いますよ☆

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇━

~~~小高い丘の上から記念撮影出来ます~~~

━◇◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

DSC07672

古墳を一旦降りて、近くの小高い丘に移動すると『記念撮影』にピッタリな場所があります。後方から古墳を一望できる撮影ポイントです。同時に説明看板がありますので、全貌を見ながら勉強できます。

DSC07564

『説明看板(クリックで拡大できます)』

古墳を復元する作業工程が図解されています。大変な作業だった事でしょう。

DSC07657

大切に保存されている古墳に登ることが出来るとは、想像以上に楽しめました。古代の歴史に実際に見て触れてみる事で、中学生の頃に勉強した事が蘇ってきます。実はこの【森将軍塚古墳の周囲】には何箇所かに【他の古墳】があるそうなのです!本日は時間の都合上一箇所だけしか見られませんでしたが、皆様ぜひ探してみて下さいね!歴史がお好きな方にも、巨大な建造物がお好きな方にもオススメ致します♫

 

 

※長野県千曲市には他にも沢山の古墳が残っているそうです。

 

いかがでしたでしょうか?『森将軍塚古墳・復元モデル実物大』。まさかこんなに立派な古墳とは知らずに訪れましたので大発見でした!少々歩きますが、博物館と送迎バスのセット販売もありますのでお気軽に訪れてみて下さい。歴史の神秘と偉大さを感じる旅を楽しんで下さい(-^□^-)

今回は幸いにも出会いませんでしたが『道中のマムシの出現』には十分にご注意下さいませ!

DSC07498

では、ワタクシ浜ちゃんは灼熱の近道をダラダラと戻ります(´д`lll)

 

今回もブログをお読み下さってありがとうございました!

DSC07678

【森将軍塚『古墳館』から見た森将軍塚古墳】

DSC07580

【古墳の周囲を飾る埴輪についての説明】
① (11)
DSC07520
DSC07659

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇━

~~アクセス情報はこちらをクリック!~~

上諏訪温泉浜の湯から自動車で1時間15分程で【森将軍塚古墳館】に到着!そこから徒歩20分程で古墳に到着です。

森将軍塚古墳館への道のり

━◇◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆こんな所に【古墳】が!?【千曲市森将軍塚古墳館】
http://www.hamanoyu.co.jp/pab6fabba/?viewmode=pc

↑あわせてご覧下さいませ↑

行間用帯(グリーン)


◇♫夏休み限定プラン販売中です♪◇◆

━━━━━━━━ご予約はこちら━━━━━━◇◆━

◆『 じゃらん 』 浜の湯ページはこちら

◆ 『楽天トラベル』浜の湯ページはこちら

◆ 『浜の湯・公式ホームページ』はこちら

(公式HPが得にお得!特典あります♪)

☆【大人の方お一人に付き1.000円の館内利用券プレゼント】(宿泊代にも利用可)
※宿泊代金「お一人様15.000円以上一泊二食付プラン」が対象です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆━

信州上諏訪温泉 浜の湯

TEL: 0266-58-8000(代表)

〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り3-3-10

浜の湯公式HP  http://www.hamanoyu.co.jp/

行間用帯(グリーン)

━◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★「タイムリーな情報発信!」●浜の湯公式「公式ブログ」

★「浜の湯と信州絶景写真」 ●浜の湯公式「インスタグラム」

★「素人作成の動画」で恐縮 ●浜の湯公式「youtube ch」

★「豊富な機能に四苦八苦」 ●浜の湯公式「フェイスブック」

★「最近の情報のつぶやき」 ●浜の湯公式「ツイッタ―」

★「元・公式ブログ個人運営」●「浜ちゃんのblog」アメブロ

フォロー・コメントお待ちしております!m(・∀・)m

━◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

行間用帯(グリーン)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆合わせて読みたい!【信州観光情報ブログ】φ(・ω・ )☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

◆意外に大変!?白駒の池(白駒池)&高見石へ行ってきました!
http://www.hamanoyu.co.jp/p3581b6a6/?viewmode=pc

◆映画 君の名は。 聖地は「諏訪湖」!?【立石公園・高ボッチ高原】
http://www.hamanoyu.co.jp/pf1ec3888/?viewmode=pc

◆諏訪湖名物「遊覧船」に乗ってみました
http://www.hamanoyu.co.jp/p8dc8f1e6/?viewmode=pc

◆諏訪湖名物【諏訪湖ダックツアー】水陸両用バス体験記★
http://www.hamanoyu.co.jp/p2bd62817/?viewmode=pc

◆古代の「諏訪湖」は広かった!? 高島城(諏訪の浮城)の謎
http://www.hamanoyu.co.jp/47921/?viewmode=pc

◆美しき水鏡!【御射鹿池】
http://www.hamanoyu.co.jp/35228/?viewmode=pc

◆霧ケ峰・ビーナスライン【レンゲツツジ】満開中!
http://www.hamanoyu.co.jp/pc0b1a935/?viewmode=pc

◆信州ナニコレ!?第一弾!驚きの光景「北斗神社」200階段!
http://www.hamanoyu.co.jp/pa0d924ad/?viewmode=pc

◆家族で行こう♪お子様連れの方へおススメなスポット紹介♪
http://www.hamanoyu.co.jp/p5701e07b/?viewmode=pc

◆目指せ頂上!潜入【 国宝・松本城 】
http://www.hamanoyu.co.jp/pa0819fc8/?viewmode=pc

◆信州 紅葉情報!【戸隠高原「鏡池」】行ってきました
http://www.hamanoyu.co.jp/p153a4ec1/?viewmode=pc

◆パワースポット!【戸隠神社・中社】を訪れるの巻
http://www.hamanoyu.co.jp/p2cd3f02b/?viewmode=pc

◆こんな所に【古墳】が!?【千曲市森将軍塚古墳館】
http://www.hamanoyu.co.jp/pab6fabba/?viewmode=pc

◆清らかな水と新鮮なワサビの宝庫「大王わさび農場」
http://www.hamanoyu.co.jp/f7d945c6/?viewmode=pc

行間用帯(グリーン)

 

公式ブログ

新着情報一覧

ページの先頭へ

オンライン予約・空室検索