新着情報

信州紅葉情報!【片倉館】秋の風景【再投稿】*浜の湯公式ブログ

2016.11.12

無料カウンター名様にご覧頂いております。

゚・:,。☆☆秋深し「片倉館」(かたくらかん)のイチョウの木゚・:,。☆☆見頃は11月初旬から

片倉館(秋)その2

11月の初め頃からご近所【片倉館】のイチョウ並木が紅葉し、とても綺麗な季節を迎えます。

毎年この季節には、落葉したイチョウの葉が絨毯のように地面に敷き詰まり「まさに秋の景色!」を楽しませてくれる名所です。今年も見事な紅葉が楽しめ(撮影日➔平成28年11月6日です)

 

ご覧の通り、庭園を埋め尽くす「イチョウ」が絨毯のように敷き詰まっています!

片倉館(秋)

 

美しい秋色のイチョウが、西洋風の洋館仕立ての建物に見事にマッチしています。この建物は養蚕業が盛んだった全盛期に建てられた建築物で、諏訪湖周辺の観光スポット・産業遺産として広く知られている場所です。

 

 写真だけでは味気ないので【片倉館の歴史】について触れたいと思いますφ(.. )

 

浜の湯の目の前に所在するので、この風景も当たり前になっているのですが、歴史となると忘れてしまっている事も多いです。復習の意味も込めて、基本的な概要を少し書かせて頂きます。お付き合いくださいませ。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇━

*~*~*~*~* 片倉館とは?*~*~*~*

━◇◇━━━━━━━━━━━━━━━━━

katakurakann

◆日本の輸出産業を支えた「製糸産業」の歴史を伝える貴重な建築物

 

諏訪の町に製糸業を起こした片倉財閥の二代目【片倉兼太郎】さんが1928年(昭和3年10月完成)に作った温泉リゾート施設です。洋館造りの豪華な建築物は、当時相当な予算をかけて建てられたそうです。現代でも温泉街の中に立つ独創的な建物は異彩を放っております。来賓の方の接待にも使われていたそうで、豪華な作りにも納得です。

※シルクエンペラーの異名も知られています

 

片倉兼太郎さんは、欧米へ視察に訪れています。この視察の際に「文化福祉施設」が充実していることに感銘を受け、片倉館を建造することを計画したそうです。この施設は「片倉財閥の関係者だけでなく、「一般市民の利用も可能」な温泉施設でした。後で書きますが、温泉施設は現在も現役です。

 

閉鎖的な施設にするのではなく、地元の人々にも開放する辺りに片倉兼太郎さんのお人柄を感じさせます(´▽`) 地元市民にも愛されていたからこそ、現代も残っているのかもしれませんね。

 

 

 ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【シルク博物館・シルクファクトおかや】こちらもご覧下さい

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 

 

 

◆片倉館といえば【千人風呂】(せんにんぶろ)

千人風呂

この片倉館で象徴とも呼べる特徴的な施設が大浴場「千人風呂」です。ローマ風呂を参考にして作られた個性的なお風呂は現在も営業中です。千人風呂の文字通り「千人入れるお風呂」ではないのですが、【深さ1.1m!】の【立ち湯】は大勢の人数が一度に入れる設計となっています。*底には玉砂利が敷き詰められ心地良い感触*

予想外の深さに、子供の頃は溺れかけました(^o^;)小学生には深かったです・・・

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

“天然温泉を豊富にたたえる大理石造りの浴槽は100人が一度に入浴できるほどの広さ。深さ1.1mの底には玉砂利を敷き詰め、立つと心地よい刺激が感じられます。また、ステンドグラスや周囲の彫刻、装飾もお楽しみいただけます。千人風呂は多くの方に親しまれている芸術のお風呂です。多くの先人達が好んで訪れた温泉で80年以上の年月が過ぎた今も価値ある存在です。”  (片倉館公式HPより引用)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

この個性的な作りの理由には、『製糸工場で働く大勢の女工さんが、一度に大勢入れるように』作られた、との理由があると聞いたことがあります。確かに座って入るお風呂よりも効率が良さそうです。こんな所にも経営に対する効率化が図られています。

 

_IGP2422
昭和ロマンをイメージした一枚

 

 

片倉館を設計した方は【森山松之助】さん

明治39年~大正10年まで、台湾総督府など多くの官庁建築を手掛けた方です。

◆代表的な日本で手がけた建築物◆
・日本 旧久邇宮邸(現 聖心女子大学パレス(登録有形文化財)
・本所公会堂(現 両国公会堂、現存しません)
・新宿御苑 台湾閣(都選定歴史建造物)
・旧蜂須賀邸(オーストラリア大使館、現存しません)
片倉館会館・浴場・渡廊下(長野県諏訪市、国の重要文化財)
・東京歯科医学専門学校(東京歯科大学水道橋校舎、現存しません)
・東京弁護士会館(東京都千代田区、現存しません)

 

ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?重要な建築が沢山ですね!
しかし、現存しない建築も多いのが残念です(o´・ω・`o)

ご紹介させて頂いた「片倉館の歴史」を思い浮かべ、片倉館を訪れてみると見えてくる風景も変わって来ると思います。浜の湯からは目と鼻の先の場所ですので、チェックインを済ませて頂いた後でもお散歩感覚で訪れることが出来ます。お土産話もピッタリですよ♪

 

R0019167

一般財団法人「片倉館」(公式HP)はこちらをクリック

 〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り4−1−9
営業時間:  · 10時00分~21時00分(受付は20時30分まで)
入浴料金 ・大人650円  ・小人450円(3才~小学生まで)
休館日   毎月「第2・第4火曜日」
【上記の時間と料金は平成28年現在のものです】

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

季節ごとに変わる懐石料理、心酔の味覚を味わう宿

◆◇信州上諏訪温泉 「浜の湯」◇◆

〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り3-3-10

TEL: 0266-58-8000

浜の湯公式HP http://www.hamanoyu.co.jp/

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

★「タイムリー」な情報発信を心掛ける★浜の湯公式「公式ブログ」

★「ほとんど個人の趣味的」な写真集★浜の湯公式「インスタグラム」

★「素人作成の動画」で恐縮な★浜の湯公式「youtubeチャンネル

★「豊富な機能に四苦八苦」★浜の湯公式フェイスブック

★「浜ちゃん勝手に継続中!」元・公式ブログ★アメブロ 「浜ちゃんのblog」

★「ようやく始めたばかり」浜の湯公式ツイッタ―

フォロー・コメント下さいますと嬉しいですm(・∀・)m

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 ◆こちらもあわせて読みたい「紅葉情報一覧」◆

信州紅葉情報!【長円寺】真紅のモミジ!総天然色の美*浜の湯公式ブログ

信州 紅葉情報!【御射鹿池①】*浜の湯公式ブログ

信州紅葉情報!【御射鹿池②】【観覧規制と駐車場について】*浜の湯公式ブログ

信州紅葉情報!【戸隠高原「鏡池」】行ってきました*浜の湯公式ブログ

信州紅葉情報!【横谷渓谷】・紅葉色付き始めました*浜の湯公式ブログ

信州紅葉情報!【片倉館】秋の風景*浜の湯公式ブログ

信州 紅葉情報!【八島湿原】*浜の湯公式ブログ

公式ブログ

新着情報一覧

ページの先頭へ

オンライン予約・空室検索