新着情報

信州ナニコレ第二弾!こんな所に古墳が!?【千曲市森将軍塚古墳館】*浜の湯公式ブログ

2017.03.08

アクセスカウンター PV

 

このたび驚きの博物館をワタクシ見つけてしまったのです。ビックリな展示をしている博物館・・・・【千曲市森将軍塚古墳館】を・・・

 

先日、長野県千曲市へ「イチゴ狩り」に出掛けました( ゚∀゚ ) 大満足ないちご狩りを楽しみました♪

DSC03407 真っ赤な甘いイチゴが沢山♪

 価格も良心的で食べ放題!つい食べ過ぎました・・・欲張ってはいけません。 ※ビタミンCは水溶性ビタミンですので体内に蓄積が出来ません。ですので、一度にたくさん摂取しても効果はないそうです・・・・・残念。 【あんずの里アグリパーク】さん オススメの農園さんです☆ https://www.anzunosato.info/

 

 

ここで本日の本題なのですが・・・・イチゴ園の真向かいに、とても気になる建物を発見したのです!

その名は【千曲市森将軍古墳館】(ちくましもりしょうぐんつかこふんかん)

DSC03573

古墳と言えば、昔の偉い方のお墓として全国に点在しています。でも『古墳専門の博物館』って聞いた事ありますでしょうか?ワタクシは初めて知りました(・∀・) 「古墳についての資料が沢山展示されているのだろう」と想像して入館してみる事にしました。入場料金は【大人1名200円!】お得ですね♪

※古墳までの送迎バスとの共通チケットもあるそうです。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇━

~~本物の森将軍塚古墳に登ってみました~~~

━◇◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
KK森将軍塚古墳・DSC07520↑巨大な古墳!!Σ(・ω・; へ登りました!
【合わせてご覧下さいませ】↑

 

 

 

DSC03452

内部の展示は博物館おなじみの光景です。ガラスケースの中に様々な農耕器具や土器・土偶(どぐう)が沢山展示されています。教科書で見たことのある品々。「縄文土器」とは打って変わって装飾の少ないシンプルな造りです。他にも日常使用していたと思われる鍬やスコップのような道具も大小様々。時としては弥生式土器の仲間なのでしょうか?

 

125143019191216122466 代表的な縄文土器 禍々しいダイナミックなデザインですね!

DSC03434

キレイに修復されて展示されている土偶。発見された時はきっとバラバラだったのではないでしょうか? 森将軍塚古墳が造られたのが四世紀中頃と言われています(wikipedia) 約1600年程昔に作られた土偶がバラバラとは言え、よく形が残っているものだと感心させられます。

 

DSC03432

【琉球の時を超え現代に復元された貴重な土偶】

 

 

 

土偶を始めとした展示品の中には、【古墳の作り方】の動画とミニチュアが展示されていいます。 これ結構面白いんです φ(・ω・ )ほほ~

↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓       DSC03426

【森将軍塚古墳のミニチュア】 とても眺めの良い小高い丘に作られた古墳です。

 ★━━━━━━━━━━━━━

~~~~~古墳の作り方~~~~~

━━━━━━━━━━━━━━★ うろ覚えですが・・・

1,丘の地形を上手に活かして丘を削って大まかな形を掘り出す。

2,その後、表面をならしてキレイに整える。

3,ならした表面に石材をビッシリと貼り付け風雨への補強対策を行う。

4,お墓の中心部を石と土を駆使して作成する。(竪穴式石室)

5,ご遺体を収めたら巨大な石材でフタをする。

6,周囲を土器で飾り付ける

これにて完成! (・ω・)b

 

なるほど「山の形をそのまま利用する」のは効率が良いですね!土を盛り上げる必要が無くなりますもんね!この古墳は復元されておりまして実際に見に行くことが出来ます。徒歩で20分程らしいのですが寒風吹き荒れる本日の天気・・・暖かくなったら来たいと思います・・・・・ ※博物館のある場所から高台に古墳が見えます。

※現在ある古墳は復元されたものです。

DSC03561 赤丸の場所が古墳です

“この古墳は、発掘調査の結果に基づき正確に復原した ものです。古墳には石が積まれ、埴輪が並んでいます。古墳は今からおよそ1,600年ほど昔に造られた、全長 約100mの※前方後円墳です。当時の科野のクニを治めていた王のお墓と考えられています。”(千曲市公式HPより引用)

zenpoukouen  ←【前方後円墳】(ぜんぽうこうえんふん)参考(鍵穴の形です)

実際に古墳に行ってみた!

目指せ巨大な『古墳』!!森将軍塚古墳へ登る*

合わせてご覧下さいませ!↑

DSC03429

大勢の人が集まって作り上げた見事な古墳、当時の権力者の力が古墳の大きさと比例します。【ミニチュア古墳】の上には作業している人々の姿も再現されています。こうして人物と比べると古墳の大きさがよく分かります。全てを人力のみで行う作業は大変だったことでしょう。

 

 

 

 ★━━━━━━━━━━━━━

~~~博物館のメイン展示物~~~

━━━━━━━━━━━━━━★

 

この博物館の目玉は博物館の真ん中にドーン!と存在しています!

↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓ DSC03437 !?

 

この博物館なんと!室内に実寸大の古墳が展示されているのです(゚◇゚ )

何の下調べも事前知識もないまま入館したので、これには本当に驚きました!まるで、古墳がある場所の上に建物を被せたのではないかと勘違いするくらいの本物感とスケールなんです!こうして実寸大の模型を見てみると、古墳の仕組みが良く分かります。

DSC03430

DSC03444


室内に古墳がある光景はとっても不思議な雰囲気

 

 

DSC03451

【王様の埋められる「石室」部分】↑

細かく平石を敷き詰めて石室が作り込まれています。素材の調達だけでも苦労しそうです。近くで平石が大量に手に入ったのでしょうか? 蓋の部分は巨石を削り出したものと思われます。

 

DSC03450

【石室は巨大な岩で蓋がされます】↑

平石を「隙間なくギッシリ」と積み重ねた堅牢な造り。当時の技術力が垣間見えます。室内ですので寒い冬でも・雨の日でもゆっくりと観察できます。模型とは思えない本物の質感。本物の石材なのでしょうか?実物大の古墳だけでも驚くべき展示品なのですが、更に驚くべき光景が『半地下のスペース』にありました。

 

 

 

 ★━━━━━━━━━━━━━

~古墳を内部から見られます!~

━━━━━━━━━━━━━━★

↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓

DSC03457

お分かり頂けますでしょうか?これ『古墳の内部』なんです!豪族の方が埋葬されている部分です!上から見ると分からない内部の造りまで一目瞭然。面白い仕掛けだと思いませんか(゚∀゚*)

※偉い方の埋められる部分を【石室】と呼ぶそうです。

考古学がお好きな方には堪らない穴場です♪歴史の授業でも縄文・弥生については大勢の方が知識として持っていると思います。この博物館を訪れると「教科書で見たことのある風景」が、実物として目の前に登場するのです。いちご狩りのついでに面白い場所を発見してしまいました(嬉)

 

 

 

★━━━━━━━━━━━━━┓

博物館の外にも面白い仕掛けが!

┗━━━━━━━━━━━━━★

 

博物館の展示スペースはワンフロアのみ。すぐに見終わってしまう規模なのですが、楽しみは外にも用意されています。博物館の直ぐ側には、『竪穴式住居』が建てられた小さな村があるのです。なかなか凝った作りで志向が凝らされています。さらに楽しくなってきました!

 

この「小さな村」では復元された「本物の竪穴式住居」に触れることが出来ます。

DSC03467 

5件ほど住居が建っています。村の一角を再現してありました。

 

DSC03486

【竪穴式住居】外観  (違ったらごめんなさい・・・)

DSC03487

入り口が開いていますので、もちろん中に入ることが出来ます。ワラでしっかりと編み込まれた造りの「どっしり」した建物。当時の人々の工夫が感じられます。

DSC03476 DSC03479

住居の内部は至ってシンプルです。薪が積まれており、小さな窓が1つだけ。勿体無いことに室内の全体像を撮影し忘れました・・・雰囲気だけでも感じて頂ければ幸いです(o´ω`o)

DSC03478

【しっかりと頑丈に組まれた壁】

DSC03474

【ガッシリした厚みのある屋根】

雪国でもある信州では雪の対策も大事です。近年は積雪量もずいぶんと減ったのですが、1600年以上昔は相当な量の雪が降り積もったと想像できます。雪の重みに負けないような「骨太な」住居の設計が必要でったと感じさせます。この辺の対策もバッチリ取られていたようです(・ω・ )

 

★━━━━━━━━━━━━━━┓

~~竪穴式住居ができるまで~~

┗━━━━━━━━━━━━━━★

古墳の作り方について、とてもわかり易いイラストをご紹介されてらっしゃる
【北代縄文広場さま】の公式HPよりイラスト&説明文をお借り致しますm(o・ω・o)m

 

● 1. 竪穴を掘り始めます。掘った土は横に置きます。

tateana1

●2. 竪穴は深さ50㎝くらいまで掘り、その後に、柱を建てる穴を掘ります。

tateana2

●3. 柱を建てて、屋根を組みます。

tateana3

●4. 横に置いていた土を屋根に乗せます。

tateana4

●5. 土葺き竪穴住居のできあがりです

Pict0402 完成!!

興味のある方、ぜひ建設してみてはいかがでしょうか?( ´艸`)

古墳時代の歴史を感じる【森将軍塚古墳館】、ぜひご自身の目で確かめて見て下さい♪

 

DSC03460

 

次回・浜の湯公式ブログの公開予定    現在準備中ですφ(..; )
↓     ↓     ↓     ↓

★━━━━━━━━━━━━━

実物大のマンモスが展示!?

━━━━━━━━━━━━━━★

【長野県立歴史館】 http://www.npmh.net/

今回ご紹介しました【森将軍塚古墳館】の近所に、もう一件面白い博物館を発見しました♪

次回は【長野県立歴史館】をご案内したいと思います。

潜入してみたらこれ又ビックリの展示物の数々!!(〃^▽^〃)ご期待下さいませ!

 

完成しました!
↓     ↓     ↓     ↓     ↓

驚きの博物館【長野県立歴史館】☆浜の湯 浜ちゃんのブログ ←こちらでご紹介しています!アメーバブログへ移行します

 

━━━━━━━━ご予約はこちら━━━━━━◇◆━

◆『 じゃらん 』 浜の湯ページはこちら

◆ 『楽天トラベル』浜の湯ページはこちら

◆ 『浜の湯・公式ホームページ(特典あり)』はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆━

信州上諏訪温泉 浜の湯

TEL: 0266-58-8000(代表)

〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り3-3-10

浜の湯公式HP  http://www.hamanoyu.co.jp/

━◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★「タイムリーな情報発信!」●浜の湯公式「公式ブログ」

★「浜の湯と信州絶景写真」 ●浜の湯公式「インスタグラム」

★「素人作成の動画」で恐縮 ●浜の湯公式「youtube ch」

★「豊富な機能に四苦八苦」 ●浜の湯公式「フェイスブック」

★「最近の情報のつぶやき」 ●浜の湯公式「ツイッタ―」

★「元・公式ブログ個人運営」●「浜ちゃんのblog」アメブロ

フォロー・コメントお待ちしております!m(・∀・)m

━◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公式ブログ

新着情報一覧

ページの先頭へ

オンライン予約・空室検索