#歩くスピードで眺める景色

a journey note

浜の湯ストーリー

Vol.03

STORY-01

#初めての土地 を何のあてもなく #歩く ことが

いつからか好きになっていたー。

眼に映るいろんなものがやけに #新鮮 で、

#記憶 の中に強く #焼き付いていく。

STORY-02

その土地の空気に #優しく包まれる 。

木々の #ざわめき 、

降り注ぐ #太陽 の #きらめき 。

失っていたであろう感覚が #甦る 。

STORY-03

#自分の感覚 を頼りにお店を選ぶことを

お店を選ぶことを #モットー にしている。

#店構え と #店員さん を見れば自ずとわかる。

ひと息入れて再び #歩き始める 。

ここは #甲州街道 と #中山道 の #合流の地 。

STORY-04

#歩く速度 で流れていく #景色 が好きだ。

#見知らぬ土地 へ来たらなおさらだ。

だから今日も #歩く 。

STORY-05

どれだけ歩いただろうかー。

気持ちよく #呼吸 をしている。

#良い疲れ だと体は分かっている。

STORY-06

目を閉じて、今日一日の #記憶 を辿る。

#旅 を続ける理由がもう一つできた。

ここは #訪れる場所 ではなく、

#帰る場所 なのだ。