浜の湯の歴史

伝説の残る上諏訪温泉に、昭和20年創業の歴史ある温泉旅館。

上諏訪温泉には、諏訪大社の女神が上社(かみしゃ)から対岸の下社(しもしゃ)へ移動する際に、
綿にしめらせて運んだ化粧用のお湯が途中で落ちてできたという“湯玉伝説”があります。
当館は諏訪湖に近く、旧町名「中浜町」の温泉旅館ということで「浜の湯」と命名されました。

浜の湯の歩み

  • 昭和20(1945)年11月創業
  • 昭和32(1957)年3階建ての本館を鉄筋5階建てに改築
  • 昭和59(1984)年7月7日現在の12階建てに全面改築
  • 平成3(1991)年日本能率協会サービス優秀賞特別賞受賞
  • 平成11(1999)年4月温泉入浴施設、料理茶屋、パブリックスペースを中心にリニューアル
  • 平成16(2004)年1月プロが選ぶ「人気温泉旅館ホテル250選」(㈱観光経済新聞社主催)に5年連続入選。5つ星マーク旅館(全国で140館)に認定される
  • 平成21(2009)年1月旅行新聞新社が主催する第34回「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」の総合100選部 門で93位に入選。
  • 平成22(2010)年3月洋室階(4階)をリニューアル
  • 平成25(2013)年3月㈱井口に経営移管
  • 平成25(2013)年5月男女大浴場を中心にリニューアル&リフレッシュ。バリアフリー化を推進
  • 平成25(2013)年6月4階アウトバスシングルルームをリフレッシュ
  • 平成26(2014)年1月旅行新聞新社が主催する第34回「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」の料理100選部門で上諏訪温泉で最高の第62位に入選。

ページの先頭へ

オンライン予約・空室検索